Monday, December 22, 2014

URL パーサにおける IPv6 対応

プログラマにとって IPv6 対応といえば、C言語のような低レベルな言語の話であって、ホスト名を文字列で扱うスクリプト言語には関係ないと考えがちです。ですが、実際には、文字列の取り扱いにおいても対応が必要になるところがあります。

その代表例が URL のパーサです。多くのエンジニアがイメージする URL の書式は「protocol://host:port/path#fragment」です。この書式を見れば、「:」と「/」を用いてトークンを分割するのが自然であり、RFC を参照せずに記述された URL パーサは、host の中に「:」が含まれないことを前提としていることがあります。あるいは、/[0-9A-Za-z_-\.]+/ のような正規表現を使って、ホスト名または IPv4 アドレスをチェックしている場合も多いのではないでしょうか。

ところが、IPv6 アドレスの文字列表現には「:」が含まれるため、IPv6 のアドレスを含む URL については、

http://[::FFFF:129.144.52.38]:80/index.html

のように、「[]」で囲むこと、と規定されています注1。つまり、「http://」のあとの最初の「:」をポート番号の始まりだと解釈する URL パーサは、IPv6 アドレスを正しく取り扱えないのです。

今後、IPv6 を利用する機会が増えるにともない、このような IPv6 アドレスを含んだ URL を取り扱えないパーサによるバグに直面する可能性も出てくるでしょう。

年末の大掃除がてら、自分が使っているURLパーサの挙動を確認・修正するのも良いかもしれませんね注2

注1: 参照 RFC 3986
注2: なにを言いたかったというと、H2Oの URL パーサで IPv6 対応するのを忘れていたってことですね!!!!! というわけでこの記事は H2O Advent Calendar 2014 の一部です。てへぺろ

8 comments:

  1. I like this a lot. Thank you for sharing. I'm always looking for upcycles like this. In the end, you don't know it was a shipping pallet to begin with!
    IPL 2016 Teams Players list
    Vivo IPL 2016 Auction Date Time

    ReplyDelete
  2. I like this a lot. Thank you for sharing. I'm always looking for upcycles like this. In the end, you don't know it was a shipping pallet to begin with!
    IPL 2016 live matches watch online here
    MI New Team Players List
    IPL 9 Time Table Schedule 2016 get here

    ReplyDelete